なぜそのスイングなのか?原因を突き止め、問題を解決する。

スイングの型は人それぞれ。
トッププロともいえども、基本こそはあれみな自分のスイングというものを構築しています。
よく「どのスイングがいいですか」と聞かれることがありますが、どのスイングが良い、悪いではなく、自分のスイングが自分にあっているのかから考える、また目指すべきスイング、ゴルフスタイルに対して今の自分がどうなっているのかを知ることがゴルフ上達への鍵になると考えております。
もちろん、少ないお時間ですので、現在困っている問題に対してのワンポイントレッスンもできますが、できることならまずはできていない基礎を知ること、そしてその基礎を固めるための練習はどのようなものなのかを知ることから始めてみませんか?
自分を知ることができれば、皆様のゴルフも必ず変わるはずだと考えております。

個人にあった適切なドリルで動作を改善する。

ゴルフのテクニックというものであれば、いろんな指導書、指南書があり、また多くのレッスン映像が巷には溢れております。
それらが合っている、間違っているということを考えるのはあまり意味のないものでもありますし、大事なことは今の自分のスイングに必要なもの、必要なドリルであるかどうかです。
正直小手先だけのテクニックを教えることは、その場しのぎになってしまうことも多いと思っております。
やはり大切なことは「基本」のなかにあるということ。
そういう意味ではレッスンの内容も基本的なことになるかもしれません。
しかしながら、基本があるから応用ができるものですし、一時的な問題解決ではなく、いつ問題が起こっても自分で修正できる知識体系、いわゆる理論を構築していただき、さらに応用できるまで消化するにはやはり「基礎」を充実させることにのみ真実があるのだと考えております。
様々な症状に対して、その問題を解決する秘策は非常に多くのことが考えられますが、その中にも「基礎」の内容を多く盛り込んでおりますので、立ち戻って自分で確認できるようなドリルをご紹介していきます。

レッスン担当はトーナメントプロでもある宇野知幸プロ!