ABOUT

フィジオ福岡ゴルフフィットネスはゴルファーのためのトレーニング&コンディショニングプログラムです。

プロゴルファーとツアープロをサポートするトレーナー陣がコンビを組んであなたのゴルフライフをサポートします。

「PHYSIO FUKUOKA GOLF FITNESS」とは、フィジオ福岡が行うゴルフの動き、パフォーマンスに直結する動作をトレーニングして「カラダを変えることでゴルフの上達を目指す」というトレーナー目線で考えるゴルフパフォーマンス向上サービスです。我々がこのサービスで行うのは「スイング動作の質的改善」と「パフォーマンスの可視的評価」。常日頃、個人の感覚で行われるゴルフ動作を如何に可視化して客観的に評価し、さらなるパフォーマンス改善を狙って、量的な要素ではなく質的な改善を求めてサービスを提供していきます。

ゴルフの「感覚」的な要素に「スポーツサイエンス」を加える事により、より多角的に、より客観的に動作やパフォーマンスを考える。

スポーツにおける科学的な研究は日々進化し、パフォーマンスに関連する要素が数値化、分析できるようになってきているのが現状です。ゴルフというスポーツは特に「感覚」が重要視されるとともに、たくさん練習すればうまくなるといった半ば「根性論」がいわれてきました。もちろん、この「感覚」的な要素は非常に重要な要素ですし、「根性論」を否定することは出来ないと思いますが、その中に「スポーツサイエンス」を加える事により、より多角的に、そしてより客観的に動作やパフォーマンスを考えることができるようになり、パフォーマンスの向上や弱点のウィーケストリンクの改善に有効な手段であると考えています。だからこそ、実際に現場で活躍するプロのゴルファーの意見と、操作する対象である身体の専門家であるトレーナーとがタッグを組んで様々なサービスを提供することに意義があると感じ、サービスを提供しております。

様々なゴルフ指導理論があり、自己流で練習される方やレッスンプロに教わる方や、書籍などで自分で学び試す方がいらっしゃると思います。もちろんそれは重要なことですし、それぞれのスペシャリストが考えてきた指導理論だったりしますので、合う合わないはあればこそ、必ず取り組むメリットがあるはずです。我々は専門的な立場として、カラダの構造、動きのバイオメカニクスなど、トレーニング科学を基盤としたカラダの仕組みの専門家です。カラダの専門家だからこそ、スキルからの面ではなく、本来カラダとはどういうものであり、どう動くのか、またそれがゴルフのスイングの中ではどう動けば効率的にエネルギーを生み出し、逆にどうすれば、今カラダに負担がかかって痛みが出ている部分のストレスを減らし、健康的にゴルフを楽しむことができるのかを、感覚ではなく科学的ベースの知識をもとに解明し、改善することが出来ます。

これまで我々は、アマチュアゴルファーからツアーで活躍するプロゴルファーのトレーニング、コンディショニング、動作指導、栄養指導など多角的なサポートを行い、一定の成果を上げてきました。実際に現在でも全国から多くのツアープロが我々の行うサービスを受けに、来店いただいています。

ゴルフを行う母体はカラダであるのだから、カラダの使い方はカラダの専門家であるトレーナーに聞く。


「ゴルフのことはゴルフのプロに聞く」のは当たり前ですしだからこそフィジオ福岡もプロゴルファーが所属しており実際にレッスンを行っています。トレーナーの視点からみれば「ゴルフを行う母体はカラダであるのだから、カラダの使い方はカラダの専門家であるトレーナーに聞く」というのは自然な流れではないかと思います。当店にはツアープロの他、多くのレッスンプロも当店のサービスを受けておりますが、「なぜそうカラダを使うべきか」というところを学ぶことによってより効果的な指導ができるというように話しておりました。我々が提供するのは、カラダの専門家だからこそできる「ゴルフのためのカラダの使い方」の指導です。結果的に、プレーする資本がカラダだからこそ、カラダという土台の上にスキルが成り立ち、初めてパフォーマンスというものが向上するということになります。多くのプロゴルファーにも認められたこの「PHYSIO FUKUOKA GOLF FITNESS」をぜひ一度ご体験いただければと思います。