アドレスの重要性

ゴルフ場のゴルフコースにデビューした方であれば、ゴルフコース内はどこも平らなところではなく練習場のように平らな地面で打てるだけではいけないことを感じると思います。

スコアをちぢめるためにも正確なスイングをするためにもアドレスというのはとても重要であり、自分の姿勢を把握しておくことがとても大事と言えます。

アドレスが悪いことで身体のバランスが悪くなりテイクバックのときに重心がずれてしまったり、インパクトのときに状態がそれてしまったりするため真っすぐなストレートボールを打つことが難しくなるのです。

個性的なアドレスとスイングをする方もたくさんいらっしゃいますが、何発も練習やコースの経験を重ねるうちに出来上がったフォームというのが多く、しばらくゴルフをしない時期が続くことで感覚を忘れてしまい良いボールを打てなくなる、といった結果になる例も多いので正しいアドレスを理解しておきましょう。

逆にいくら練習しても良い弾道のボールが打てないという方は、グリップやアドレスを改良することで改善できることが多々あります。

正しいアドレスが出来るようになるということは、スイングのときに左右へ状態が動かずにインパクトのとき身体と頭とクラブが一直線となり理想のボールを打てるようになるということです。

状態が不安定な状況で打ち続けるとバランスが崩れフックボールやスライスボールになってしまうこともありますし、飛距離を伸ばすことにも限界が出てしまいます。

自分に合った正確なアドレスを身につけるためには、ゴルフ練習場などにある鏡で自分のアドレスを見ることが大事になります。

誰しもが初めは違和感を感じるのが正しいアドレスで、今までに同じような体制になったことがないため感じるのは当然なのです。

良いアドレスが出来ることで自然とスイングも改善される方もたくさんいますのでアドレスの基本というのは重要なポイントの一つと言えます。

あまりにもチェックをする項目があるためにスイングがスムーズに出来なくなったという方は正しいアドレスを理解したうえで元に戻すといった方法も良いと思います。

関連記事

  1. 飛距離アップ②

  2. ゴルフにおけるコーディネーション能力

  3. 映像を撮って自分の動きを知る

  4. 階層スキルでゴルフのレベルアップを。

  5. スイングにおける代償動作