アルバトロス

ホールインワンより数百倍 出すのが 難しい と言われる アルバトロス (Albatross) だが、パー 5 の 2 打目、稀に パー 4 の 1 打目を入れて 規定打数(パー)より 3打少ない打数でホールアウトすれば アルバトロス(アホウドリの意)となります。

ただし、英語圏では アルバトロスと言うより ダブル・イーグル (Double Eagle) と言うことの方が 一般的だそうです。

アルバトロスの出る確率は 100万回〜200万回に 1 回ということで、米国では 年間 40,000回程度のパー 3 のホールインワンが出るにも拘わらず アルバトロスは 200回程度しか出ないそうだから、そのデータによれば アルバトロスは パー 3 のホールインワンより 200倍 難しいことになります。

しかし、一般アマチュア・ゴルファーの場合、ほぼ 90% のゴルファーが パー 5 は 距離的に 2 オン出来ないから、アルバトロスが出る確率は さらに低くなり 600万回に 1回程度になる と言われており、概ね 600倍も難しい計算になります。

アルバトロスの多くは、残念ながら、飛距離の出るプロやトップ・アマのような人たちの独壇場と言うことになるようです。

米ツアープロ (PGA) の場合、競技中に出るアルバトロスの数は 多い年で年に 5〜6 回、平均的には 2〜3 回(個人ではなく ツアー全体で)出るようなので、 その難易度は 30回前後出る ホールインワンの 10~15倍(約 3万回に 1回)と 普通のゴルファーとは まったく違った難易度になっています。

ただし、ツアープロでも 70年代、80年代には 年に 1〜2 回ともっと珍しかったそうです。

関連記事

  1. スコアメイキング②

  2. サスペンデッド

  3. ゾーン④

  4. OKパット

  5. ゾーン

  6. ミート率

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン