シャフトの種類と特性

シャフトの種類 及び 仕様と特性は その素材、重量、形状、加工・製造方法などによって異なりますが、

(1) カーボン・シャフト(グラファイト・シャフト)と (2) スチール・シャフトに分類されます。

より遠くへ飛ばすことが目的の一つであるドライバーは ほとんどが(樹脂と炭素繊維などで作られる)グラファイト・シャフトになっているが、アイアンは 遠くへ飛ばすことよりも 正確さが要求されるクラブで 相対的に重く 確りした感触の得られる(ステンレス鋼で作られる)スチール・シャフトの人気が高いです。

また、グラファイト・シャフトは 相対的に高価なものが少なくなく、自分の望むスペックと品質のシャフトが 極めて高価なものになってしまう可能性も否めません。

クラブの特性は シャフトの硬さ、長さ、重量、重量配分(バランス・ポイント)、キック・ポイント(調子)、トルク、また、加工精度の問題などに大きく左右されるが、加えて、シャフトとヘッドの相性やクラブ全体の重量とそのバランスなどにも 左右されます。

特に、クラブヘッドの重量、重心距離、重心角、そして、その慣性モーメントなどのシャフトとヘッドの相性への関与は大きいです。

一方、ヘッド・スピードとスイングのタイプ、即ち、ヒッターかスインガーかによってどのようなシャフトが向いているかは 概ね 決まると言えます。

ヘッド・スピードが早く 力のある人、所謂、ヒッターは 硬くて、重くて、トルクの低いものが適しているし、ヘッド・スピードが早くても、スインガーと言われるタイプのプレーヤーは あまり硬くなく、トルクも中程度のシャフトが一般的に合っていると考えられています。

また、ヘッド・スピードの遅い人は 逆の設定、つまり、軟らかくて軽め のシャフトを選ぶべきだろうし、ボールをより高弾道で打ちたい人は ロー・キックポイントで先調子のクラブが合う可能性も高いです。

また、アイアンでも グラファイト・シャフトや 軽量スチール・シャフトが オススメです。

関連記事

  1. 進化系アイアン

  2. ラウンド前の準備運動 5

  3. クラブのセッティング

  4. マーカーの種類③

  5. ピン型パターの特徴

  6. アイアンの各部名称

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン