スイングの筋持久力

スポーツには、ウエイトリフティングや投てき競技のように一度に最大能力を発揮する競技もありますが、多くのスポーツは、例えばテニスのようにサーブやストロークといった同じ動作を繰り返すことが要求されるのではないでしょうか?
ゴルフの後半のミスショットなど、安定したスイングができない、グリップがしっかり握れなくなってしまうのは筋持久力の問題も考えられます。

「筋持久力」とは、要求される運動課題を何度も繰り返し発揮できるかどうかという能力。

これらのスポーツでは、同じ筋肉が繰り返し使われるので、筋肉自体が疲労してパフォーマンスの低下につながります。
「筋持久力」とは、こうした力を要求される課題を、何度も繰り返せるかどうかという能力です。
筋線維には、強く速く収縮するけど疲れやすい「白筋線維」と、収縮速度は遅いけど持久力に優れている「赤筋線維」がありますが、筋持久力を高めるためにはこの「赤筋」を重点的に鍛えます。

バーベルやダンベルを用いて行う場合は、テンポよく数十回の反復が可能な強度で、最大筋力の30%~40%程度の負荷で行うトレーニングが、筋持久力を高めるには効果的です。
また、筋持久力を高めるトレーニングを続けると、毛細血管が発達するので、筋肉を流れる血液量が増加します。
すると、筋肉により多くの酸素を取り込むことが可能になるので、運動の継続に必要なエネルギーがより多く生み出せるようになります。

単純な筋肥大を目指すのではなく、安定した出力を繰り返し発揮できるかどうか。

また筋持久力を鍛えるということの大きな目的としてケガのリスクを下げるということがあります。
より大きなパワーを出すためのトレーニングとは別に、安定して力発揮を行うことができるカラダ作りというものがゴルフには必要です。
トレーニングプログラムを考える際に、単純な筋肥大を目指すのではなく、安定した出力を繰り返し発揮できるかどうかという点に注目してトレーニングすることも求められます。
ぜひ筋持久力を鍛えていきましょう!

 

関連記事

  1. 地面反力とは何か?

  2. 飛距離アップ

  3. 体幹のインナーマッスルについて

  4. スコアの間違った申告

  5. 柔らかい動きとはなにか

  6. プロゴルファーの試合前の過ごし方

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン