ラウンド前の準備運動 5

スイング動作では肩関節の可動性は必要不可欠です。

その為にも小円筋や大円筋広背筋などはしっかりと可動(滑走)しててほしい部分になります。

今度は脇(少し後方)を転がしていきます。

反対の手は転がしやすいようにアシストするとやりやすいですよ。

肩甲骨の側面から腕の付け根の部分と、あんまり広い範囲ではありませんがトップを作る時にも、ダウンスイングをする時にも必要な部分になります。

左右20回×2セット。最初は痛いと思いますが、頑張っていきましょう。

関連記事

  1. 体幹のインナーマッスルについて

  2. キャビティバックアイアン

  3. 夏ゴルフ④

  4. 姿勢と足のコンディショニング

  5. ラウンド前の準備運動 7

  6. ゴルフの後に疲れを残さないために。