パターの種類

< ピン型 >

 

< L 字型 >

アイアン感覚でストロークしやすい形状で、ヘッドのヒールの部分にシャフトが装着されているため、フェースの開閉を使いやすいのが特長です。

< マレット型 >

ストローク中のフェースの開閉を制御しやすい機能を持っています。
現在ではマレット型に変わって、ネオマレット型が多く使われるようになりました。

< ネオマレット型 >

マレット型の進化系です。

マレット型よりも重心深度が深く、フェースバランスのため、ヘッドの直進性が高いのが特長です。

< T バー型 >

T 字型をベースにした形状です。

重心深度は見た目以上に浅く操作性に優れています。

オデッセイーの「ツーボール」パターが代表作で、二つのボールが並んだように見立てたボールマークがクラブの軌道のガイドライン作りや安定したストロークを引き出します。

ピン型タイプ同様万人向けのパターと言えます。

関連記事

  1. クラブのバランス

  2. ラウンド前の準備運動 4

  3. ピン型パター特徴②

  4. クラブのバランス③

  5. ツイストフェース

  6. ハーフキャビティ

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン