ボールの種類

ゴルフボールはよく、「スピン系」「ディスタンス系」で分類されています。

スピン系とディスタンス系の違いとはなんでしょうか?

簡単にいうと、スピン系⇒カバーが柔らかく、コアが硬い。

ディスタンス系⇒カバーが硬く、コアが柔らかい。

といった違いがあります。

スピン系ボールはカバーが柔らかく、ウェッジの溝に入り込むので、スピンがたくさんかかるボールです。

スピンがかかる分、ピンをデッドに狙うことや、アプローチでボールを止めることなどコントロールショットがしやすいボールです。

一方ディスタンス系ボールはコアが柔らかいのでボールが潰れやすい分、スピン量が減り飛ぶ構造になっています。

自分の力とゴルフクラブでボールを叩いて飛ばすのではなく、ボールの性能を利用して簡単に飛ばすことができるボールです。

ゴルフボールはいくつかの層でつくられていて、その核となる中心部分をコアと言います。

よく聞くワードの「3ピース」「2ピース」。

これはボールの構造が何層かということです。3ピースは3層、2ピースは2層になっています。

比較的価格が高めのボールは3ピース、4ピースのものが多いです。

構造にこだわっているので、価格が上がってしまう傾向にあります。

関連記事

  1. マッスルバックアイアン

  2. 大型キャビティ

  3. クラブのバランス②

  4. 進化系アイアン

  5. ドライバーの各部名称

  6. シャフトの種類と特性