高麗芝

グリーンに使用される高麗芝は、姫高麗という種類になります。

日本芝(和芝)の一種です。

芝そのものの特徴としては、暑さに強く寒さには弱いです。

(暖地型)冬になると芝は枯れて茶色くなってしまいます。

ですから、寒い地域とは相性が悪く、北海道ではほとんど使われていません。

主に西日本を中心に全国各地で使われている芝です。

そして葉は細く硬いので、摩擦力が強くなります。

また芝が生えている方向と反対からボールを転がすと、抵抗が大きいので「芝目がきつい」という表現をされます。

逆目からパッティングすると、カサカサと音を立てて転がっていくようなイメージです。

LPGAツアーでは、最終公式戦であるリコーカップの舞台である宮崎カントリークラブが高麗芝のグリーンです。

本来は高速グリーンには向かない種なのですが、乾燥に強い特性を活かしながら、芝にダメージを与えない程度に短く刈り上げることで、速く芝目のきつい高難度のグリーンに仕上げています。

古くから日本で使われている芝ですが、メンテナンスが大変であるのに冬になると枯れてしまうので、色が悪くゴルファーに好まれない傾向にあります。

さらに、近年の1グリーン化の波によって、後述するベント芝にその座を奪われています。

関連記事

  1. ベント芝

  2. グリーンの硬さ

  3. グリーンの速さ

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン