グリーンの硬さ

グリーンやフェアウェイなど(土壌)の硬さは コンパクション メーターという 鉄針をグリーンに差して その時の負荷を(バネ仕掛けで)測定して表示する機器で計測され コンパクションという尺度で表示されます。

コンパクションの数値が大きいほど グリーンは硬くなるが 日本のプロのトーナメントのグリーンでは 12 ~ 14 (単位は kg/cm2) 前後に設定されることが多いです。

コンパクションが 14 以上のグリーンになると ピッチマークがほとんど付きません。

一般的には 11 ~ 12 程度のグリーンが多いようですが、 10 以下のグリーンは 大きなピッチマークが出来る 軟らかめなグリーンということになります。

ただ、指数硬度 (単位は mm) の数値を コンパクションと言っている場合があり 12 ~ 14 kg/cm2 は 24 ~ 25 mm、8.5 ~ 10 kg/cm2 だと 概ね 22 ~ 23 mm になります。

テレビの解説で 今日のグリーンのコンパクションは 24 と言っているとしたら それは 指数硬度の数値で 正しくは コンパクションが 12 kg/cm2程度だから やや硬め と言うことになります。

晴れた日が続けば グリーンは硬くなるし 雨の日の後は 柔らかくなります。

アイアン・ショットでグリーンをヒットした時に ボールマークが付かないようであれば 硬いグリーンということだが そうしたグリーンで プレーをする時は グリーン センターよりも少し短めに グリーンを攻めるのが 常套手段です。

場合によっては、グリーンの手前から転がして乗せていくことも有効なアプローチになります。

もちろん、グリーンが硬くなっているような時は フェアウェイも硬くなっているから そうしたコンディションも考えてプレーをすべきですね。

関連記事

  1. ベント芝

  2. 高麗芝

  3. グリーンの速さ

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン