風の影響を最小限に

風の強さを正確に把握し そのショットへの影響を正しく計算出来れば良いが なかなか そうしたことを 毎回 間違いなく行うことは 困難です。

ただ、風の影響を受け難いボールが打てれば 風の強さの判断や計算に 多少の誤りがあっても ダメージは ミニマムになるから 風の強い日でも そうしたショットが打てる人は 風を 然程 苦にせず プレーが出来る訳です。

一般的に、アマチュア・ゴルファーにとって 難しいのは 向かい風のショットだが、そうした風に対しては 低い弾道のドロー系のボールが有効になります。

逆に、ショットがスライスしてしまう人は そんな時に 風の影響をもろに受けて 距離が大幅に落ちてしまうので 難易度が倍増するかもしれません。

低い弾道のショットを パンチ・ショットとか ノックダウン・ショット(knockdown shot)と言うが、向かい風に有効なノックダウン・ショットは 低い弾道ということだけでなく、ボールが吹き上がらないように バックスピン量の少ないショットです。

向かい風に対して 力んで打つと バックスピン量が多くなるから、そんな打ち方は むしろ 逆効果になります。

また、低いボールにしようという意識で ボールを右足寄りに置き過ぎても バックスピン量が増えるので 賢い対処法とは言えません。

上級者向けのテクニックになるが 横風に対して方向性を確保するには 風とボールの軌道が喧嘩をするように打つテクニックも有効です。

つまり、左からの風に対してはドロー、右からの風に対しては フェードのボールが打ち分けられれば ボールへの 横風の影響が少なくなるから コントロールし易くなる訳です。

関連記事

  1. 風が強い日のコース・マネジメント

  2. 風を上手く利用する

  3. ラウンド中の風

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン