フェース角

フェース角 (face angle) は クラブを持ってアドレスした時のクラブフェースのターゲットに対する向きで 通常は 0°(スクウェア)であるべきだが、クラブによっては 意図的に それが 多少 右、または、左を向いているものもあります。

右利きの人のクラブのフェースが右を向いていれば フェース角がオープンなクラブで、左を向いているものは それが クローズドなクラブになります。

フェース角は ボールの打ち出し方向とサイドスピンに大きな影響を及ぼすもので、例えば、スライサーの人は 多少 フェースがクローズドな 所謂 フック・フェースのクラブを使えば、応分にスライス方向のサイドスピンを減らすことが出来、ボールを捕まえることが出来るようになります。

スライスに悩んでいるゴルファーが多いので、市場には そうしたクラブが数多く出回っていますが、ドロー系・ボールのヒッターにとって そうしたクラブは 引っかけ易く、扱い難いクラブになります。

関連記事

  1. クラブのバランス

  2. 飛距離が伸びるロフトの秘密

  3. 最適な弾道を生むフェース角

  4. ハーフキャビティ

  5. マッスルバックアイアン

  6. キャビティバックアイアン