クラブの握り方とセットアップ

同じクラブでも、クラブの握り方、セットアップの仕方が変われば、クラブのロフトとフェース角は変わるものです。

例えば、クラブ・フェースが クローズドになるようにクラブを握って、セットアップをすれば、ドローやフックボールを打つことが可能になります。

ロフトも少し立ってくるから 飛距離も伸びる理屈になります。

また、グリップを ストロング・グリップ(左手のナックルが見え、右手の親指の付け根が右肩を指すようなスタイルのグリップで フック・グリップとも言う)にすれば、フックの度合いは さらに 大きくなります。

向かい風の時に、そうしたクラブの使い方で 風に強いボールを打つプレー・スタイルをする選手も居ます。

フェースをオープンにして、ウィーク・グリップでクラブを握れば、逆の現象が起きることになるから、スライス・ボールが打ちたい時や ロブ・ショットの時は、そうしたクラブの使い方をすれば良い訳です。

ただし、クラブの握り方が同じでも、セットアップ時の手の位置やクラブの置き方が変われば、フェースは クローズドにも オープンにも見えるので、その観点から、本当の意味で クラブ・フェースをクローズド、または、オープンにしてクラブを持つことが どういうことかを理解する必要があります。

関連記事

  1. ピン型パターの特徴

  2. コースでのプレーに必須のクラブ

  3. パターの種類

  4. 進化系アイアン

  5. マッスルバックアイアン

  6. 飛距離が伸びるロフトの秘密

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン