最適な弾道を生むフェース角

ボールをヒットする時のクラブフェースの向きは 三つの要素に左右されます。

スライサーの人は 基本的に そのスイング軌道が アウトサイド・インと言われるもので、ターゲットに対してスクウェアにならず、カットする形だから サイドスピンがかかり、結果として、スライス・ボールになります。

そうしたスイング軌道の打ち方は パワーの伝達、そして、方向性に影響を及ぼす過度なサイドスピンの排除という意味で 効率が悪く、あまりオススメできるものではありません。

フェース角は 右利きの人の場合、右を向いていればオープン、また、左を向いていればクローズドなフェース角になるが 1°とか 2°とか言った度合いで(意図的に)傾けるのです。

適正なフェース角より オープンになっているとプッシュアウトやスライスが出やすくなるし、逆に クローズドであれば 引っ掛けやフックが出やすいという結果になります。

他の要素も影響するが 基本的には ドロー系のボールを打ちたければ フェース角をクローズドに、そして、フェード系のボールにしたければ フェース角をオープンにすれば良いことになります。

一方、調整機能のないクラブでも フェース角を調整したいと感じた場合は まず フェース角を変えずに 同様な効果を得ることも可能です。

鉛テープをクラブヘッドに貼って重心角を変える方法です。

重心角が大きければ、クラブには フォワード・スイング時に フェースをクローズドにする力が掛かる理屈です。

重心角の微調整だから 必ずしも 満足な結果になるとは限りません。

関連記事

  1. 夏ゴルフ③

  2. ユーティリティ

  3. ピン型パターの特徴

  4. マッスルバックアイアン

  5. アイアンの各部名称

  6. ウェッジのバウンス角