飛距離が伸びるロフトの秘密

最近のドライバーは そのほとんどが 高い打ち出し角で低スピンのボールを打つことによって飛距離を出すという設計概念に基づいて作られています。

そして、クラブヘッドが大きくなっているため重心距離が長い(即ち、クラブヘッドの慣性モーメントが大きい)のが特徴で、正しいフェース角と重心角のバランスが取れていないクラブでは プッシュアウトや ヒッカケが頻発するというような結果にもなり兼ねません。

年配のゴルファーの中には 未だに 昔からのロフトの概念で ロフトの立ったものを好む傾向があったり、自分に最適なロフトを決め付けている人も居るようだが、ヘッドの重心深度やシャフトの特性などによって 打ったボールの弾道(打ち出し角とスピン量)は変わるものです。

つまり、最適なロフトは そうした条件によって変わるもので、最適な 打ち出し角とスピン量にするために、ロフトをどうすべきか というロジックで考えるべきなのです。

多くの人は 現在 使っているドライバーの ロフトより ロフトのあるものを使った方が 実は 良い結果になる可能性は高いのです。

スピン量を減らすために ロフトを立てようという考え方でクラブを選んでも ヘッド・スピードが十分でない場合は ボールが 早く ドロップして 飛ばない可能性が高いです。

ドライバー・ショットのスピン量は ロフトにも影響されるが、シャフトや ヘッドの重心深度に大きく影響されるので、スピン量を減らしたければ ロフトの前に そちらに目を向けるべきです。

関連記事

  1. ぶっ飛びアイアン

  2. 大型キャビティ

  3. クラブのバランス

  4. 夏ゴルフ②

  5. アイアンの各部名称

  6. パターの種類