進化系アイアン

進化系アイアンの特長は、ヘッドの製造技術や接着技術の進化によるコンポジット構造です。

シャープな形状のまま複雑な作りが可能になり、見た目はマッスルバックやハーフキャビティのようなカッコいい形で、打つとやさしいモデルが急増してます。

ハーフトップしても球が上がったり、トゥ・ヒールに打点がズレても曲がらず飛距離が落ちないのが特徴です。

また、ある程度、操作性も備えているので、アスリートからアベレージまで幅広く対応できます。

つかまりがよく球筋はドロー、アンダーカットキャビティとインナーウェイトの効果でロフト以上に球が上がります。

弾きがいいのにボールが潰れる感覚があって気持ちよく飛ばせます。

見た目のカッコよさにはこだわるが、やさしくプレーしたいという人は、進化系アイアンに注目です。

関連記事

  1. ハーフキャビティ

  2. ドライバーの各部名称

  3. ウェッジのバウンス角

  4. シャフトのたわみ・ねじれ

  5. マーカーの種類②

  6. ウェッジの役割・ロフト角

最近の記事

  1. 2019.05.27

    ゾーン③
  2. 2019.05.20

    ゾーン②
  3. 2019.05.13

    ゾーン
  4. 2019.04.29

    ニアピン
  5. 2019.04.22

    ドラコン
  6. 2019.04.15

    ダブルペリア
  7. 2019.04.08

    OKパット