ミート率②

「どうすればこのミート率が上がるのか?」まず大切なことはクラブヘッドの「芯」で打つ事
ヘッドの芯(スウィートスポット)とは、ヘッド内部にある重心からフェース面に向かって垂線を引っ張りフェース面と交わるのこと。この点に近いポイントで打てればインパクトのパワーを真正面で受けられ、ボールに伝わるエネルギーの量が多くなり、初速が上がります。

つまりミート率が高まってエネルギーを効率良くボールに伝えられる状態になります。

「スウィートエリアが広い」と言われるクラブは、決して「芯(スウィートスポット)が広い」というわけではなく芯を外した時ヘッドのブレが少なく初速の下がり具合が少ないクラブの事を指します。

芯はどんなクラブでも点でしかありません

ボール初速を高めるには、ヘッドの重心がフェースの面と重なる芯で打つ事が重要です

一般的に芯が広いクラブは、芯を外してもボール初速の低下が少ないクラブのことです。

関連記事

  1. ミート率④

  2. 目標の左を向いて構える感覚に早く慣れる

  3. ゾーン③

  4. 2度打ち

  5. サスペンデッド

  6. ホールインワン

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン