ウェッジのバウンス角

ソールを見たときに、地面方向に出っ張っている傾斜がバウンスと呼ばれるものです。

この傾斜の角度はバウンス角と呼ばれていて、バンカーからボールを出しやすく設計されているサンドウェッジには、大きなバウンス角が付けられているのが特徴です。

またバウンス角が少なくても、ソールが幅広く設計されているモデルであれば、バンカーショットをやさしく打つことができます。

近年、クラブメーカーはさまざまなソール形状のウェッジを輩出するようになりました。

これはプロゴルファーのニーズに合わせてクラブメーカーがウェッジを開発した結果で、それぞれにボールを拾いやすい、フェースを開いて使いやすい、ソールの抜けがいいといった性能的な特徴を備えています。

ゴルファーの打ち方や好みに合わせて細分化されているのが、現代のウェッジの特徴です。

また、単品で販売されているウェッジのほとんどは、ロフト角やバウンス角だけを表記するようになり、サンドウェッジやアプローチウェッジといった呼び方は、ゴルファーの間での通称になりつつあります。

関連記事

  1. ウェッジの役割・ロフト角

  2. ボールの種類

  3. パターの種類

  4. マッスルバックアイアン

  5. ぶっ飛びアイアン

  6. コースでのプレーに必須のクラブ