振り遅れ②

バックスイングで腕や指の筋肉を使いすぎると、スイングスピードは速くなりがちです。

そうすると、ドライバーのような長いクラブでは、ヘッドがどうしても出遅れてしまいます。

ドライバーのバックスイングでは、肩や腰などの捻りを使うようにして、ゆったりとテークバックするようにしましょう。

肩や腰といった大きな筋肉を使ったスイングでは、腕が体の正面から外れにくくなり、腕と体の動きが同調しやすいというメリットもあります。

ドライバーに限らず、スイング時の体重移動が誤っているせいで、振り遅れが起きてしまうこともあります。

バックスイングでは右足、ダウンスイングでは左足にというのが、スイング中の正しい体重移動。

しかし、左足から右足へ体重移動したり(リバース・ピボット)、インパクトで右足に体重を残してしまうというクセをお持ちの方の場合は、どうしてもスイング軸がぶれてしまう場合が多く、結果として振り遅れが起こってしまうケースが少なくないのです。

クラブを選ぶ際によく「振りきれる範囲で重いものを選べ」といわれることがあります。

しかし、この言葉によって適正に振れるものよりも重いドライバーを選んでしまい、その結果、スライスが量産されてしまうということがあります。

実はクラブには、クラブ慣性モーメント(MOI)というスペックがあり、この数値が大きくなるほど振り遅れやすいという性質があります。

ちなみに、クラブMOIは、クラブが長かったり重かったりするほど大きくなりやすくなっています。

関連記事

  1. 遠心力

  2. プルスライス

  3. プッシュアウト

  4. カット打ち②

  5. 飛距離アップ②

  6. 遠心力Ⅱ

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン