イップス

ゴルフのイップスとは、1930年前後に活躍したプロゴルファーのトミー・アーマーが、この症状によってトーナメントからの引退を余儀なくされたことで知られるようになりました。

アーマーは、今までスムーズにパッティングをしていたのに、ある日突然、カップのはるか手前にしか届かなかったり、ショートパットなのにグリーンオーバーしたりするようなパットをしていたそうです。

ゴルフのイップスはアーマーが名付けたと言われています。

ゴルフのイップスとはどんなものなのかを伝えるために、「ショートパット恐怖症」として表されています。

イップスを克服する方法ですが、未だ解明されていません。

正しいレッスンを受けても悪化したりするようです。

一つの可能性として、加齢に伴う脳の生化学的変化の結果ではないかと考えられているそうです。

スイングで筋肉を使いすぎたり、精神を集中しすぎたりすることで悪化する場合もあります。

関連記事

  1. イップス②

  2. ゴルフとイースト効果

  3. メンタルトレーニング