夏ゴルフ

夏、暑いからといって、薄着は止めましょう!

夏でも長袖のハイネックのアンダーウェアを着て、ラウンドすることをおすすめします。

肌は服装で守るというのが重要なルールです。

夏用の長袖アンダーウェアは紫外線カット機能もあり日焼けにはとても効果的です。

ハイネックならばラウンド中も胸元と首筋もカバーできます。

素材は吸汗速乾のものならばなおいいでしょう。

アンダーウェアの上からポロシャツを着れば、万全です。

夏のゴルフで帽子をかぶらずにプレーするのは自殺行為です!

日傘と同じくらいの効果があります。

熱と紫外線が直接当たるためサンバイザーはおすすめできません。

頭にすっぽりと被せられるキャップや麦わら帽子をかぶりましょう。

最近は、後頭部を隠してくれるカバー付きのものがあります。

また、水に濡らしてかぶる帽子も多く出回るようになりました。

ラウンドの途中に濡らしながらプレーすると快適な状態が続きます。

夏の炎天下では、熱中症対策のためにも必ず帽子をかぶり頭を守りましょう。

ゴルフでは、帽子をかぶらなければいけないというルールはありませんが、ラウンド中のマナーはあります。

初心者の方はよく確認しておきましょう!

特に初心者の方への注意点として、夏の時期の服装では綿素材を避けましょう。

汗の乾きが遅く、ベトベト感が増します。

汗をかきすぎるとシャツやズボンが体にへばりつき、スイングにも影響してきます。

関連記事

  1. どの時間に運動するのが良いか

  2. 姿勢と足のコンディショニング

  3. 柔らかい動きとはなにか

  4. ラウンド前の準備運動 5

  5. 筋温と筋機能

  6. プロゴルファーの試合前の過ごし方