2度打ち

二度打ちとは、ゴルフ競技においてプレイヤーが1スイング中に二度ボールを打ってしまうことを指します。

メカニズムとしては、ダフリやザックリをしてしまった場合など、打ち出しスピードが遅い時、フォロースルーに向かうヘッドが飛ばしたボールに追いつきヒットしてしまうというものです。

深いラフからのアプローチでもよく見かけるミスです。

二度打ちはプロ選手でも時々やってしまうミスなのですが、防ぐ方法としてはオープンスタンスの状態から、インサイド側へカット気味に振り抜くことが有効です。

クラブヘッドの進もうとする方向と、ボールの進行方向を変えて対処する、ということです。

こうすることで、スピンをかけることができるだけでなく、二度打ち防止にもなります。

二度打ちをしてしまうと、当然ペナルティが与えられます。

この場合受ける罰則は1打罰となり、そのままプレイは続行となります。

ボールを二度打ったので2打となるのではないかと考えてしまいがちですが、一度のストロークが1打とされているので、1打罰のペナルティにより2打となります。

関連記事

  1. ゾーン

  2. サスペンデッド

  3. ホールインワン

  4. パターが・・・

  5. リフトアンドクリーン

  6. プロキャディ

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン