スイングにおける代償動作

体ができていないのに無理にスイングをしている方がかなり多くいるのが実情だと思います。無理をしているスイングにはかならず代償動作が入っています。
今日は運動における「代償」を考えてみましょう!

代償はある程度の機能不全に対処する杖のようなもので、脳によって自然と形成されます。代償により、静的・動的な環境下で良好かつ再現性の高い運動制御(モーターコントロール)が発揮できなくなってしまいます。このような場合、「スティフネス」と「タイトネス」が残された選択肢となります。ローカル筋による安定性が必要な場面でグローバル筋が活動してしまうケースは、まさにその好例です。この場合、スティフネスとタイトネスは傷害の結果ではないでしょう。おそらく多いのが習慣や誤った動作パターン、フォームやアライメント、姿勢、協調性が悪い状態で繰り返し行った活動の結果です。

スティフネスは本物の安定性ではないため、環境への適応能力が欠けている。

機能的な運動制御(モーターコントロール)が働かないと、身体はスティフネスやタイトネスに頼るようになり、スティフネスがその人の動作特性の一部となります。組織伸張性の低下や筋緊張の増加、関節の退行変性、全身のスティフネスは、安定性低下の副産物です。これらによって自然と制限が形成され、正常な感覚と運動の相互関係の必要性が減少します。この状態での力学的な健全性は高まることになりますが、これには限界があります。つまり、スティフネスは安定性ではないからです。

スティフネスは本物の安定性ではないため、環境への適応能力が欠けています。したがって、可動性の問題はその裏に潜んだ安定性の問題の結果といえます。可動性の問題を修正すると、安定性の問題が姿を現します。一般的に可動性の改善と安定性の修正に対する反応を観察するとよいと言われています。ですが、様々な要因が絡み合っているので、可動性の問題の根本的な原因を見るけることは不可能かもしれません。したがって、原因が何であれ、可動性の制限を可能な限り解消することが必要です。その後に安定性を再学習するための環境を用意します。

その過程には数日から数カ月を要することになりますが、手順通りに可動性を改善させてから安定性のトレーニングに移行することを常に正しく行うことにより、可動性の修正の効果や感覚入力が改善します。このように他動的および自動的な可動性と柔軟性を改善する一般的な方法は、可動性修正のカテゴリーに含めることが出来ます。

関連記事

  1. 柔らかい動きとはなにか

  2. JOINT BY JOINT

  3. ゴルフにおけるコーディネーション能力

  4. 飛距離アップ②

  5. 関節可動域制限を克服する

  6. アドレスの重要性