ピン型パターの特徴

ピン型(メーカーによってはブレード型と呼びます)のパターの特徴はなんといっても、その操作性の良さと構えやすさ・・・ではないでしょうか?パットはフィーリングを大事にしている・・・という方にもおすすめのパターです。

ピン型のパターはストローク中にヘッド(フェース)の開閉を使って打ちやすいパターであると言えます。

タイガー・ウッズなどはまさにストローク中に緩やかなフェースの開閉を使って打つタイプで、長年ピン型を愛用していたことでも知られています。

このヘッド(フェース)の開閉のしやすさ・・・というのは、重心距離が大きく関係しています。

ピン型の場合、シャフトの線上からフェースの芯までの距離、つまり重心距離が適度にあることで、ヘッドを感じながらストロークしやすい・・・という特徴があります。

そのため、ヘッドをコントロールしやすいと感じたり、フェースを感じやすかったり、タッチを出しやすい・・・という利点があります。

一方、例えば、センターシャフトのパターなどはフェースの開閉が少なく、真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ打つ・・・という打ち方には適していても、ヘッドやフェースを感じ難く、タッチが出し難い・・・という欠点もあります。

重心距離についてですが、重心距離が長い面長のパターになればなるほどいいか・・・というと、今度はフェースが開きやすくなってしまったり、ストロークしづらくなる・・・という欠点もあります。

ですから、同じピン型を選ぶにしても、適度な重心距離でヘッドのコントロールをしやすいパターを選ばれるとよいと思います。

関連記事

  1. シャフトのたわみ・ねじれ

  2. ウェッジのバウンス角

  3. シャフトの種類と特性

  4. アイアンの各部名称

  5. クラブのバランス

  6. クラブの握り方とセットアップ