ラウンド前のウォーミングアップを

みなさんはラウンドや練習前にウォーミングアップを行いますか?
ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエアロビクスによるウォーミングアップで筋肉をダイレクトに刺激すると、効率よく温まります。

筋肉の温度を10度上げると生体反応は2~2.5倍も速度が上がります。逆に筋肉が冷えたままだと本来のパフォーマンスの半分ほどしか発揮できないこともあります。パフォーマンスが発揮できないうちに負荷をかけてしまうとケガの原因もなってしまいます。また筋肉が温まり筋肉の血流がよくなると代謝も活発になってきます。効率的なプレーを行うためにはウォーミングアップは欠かせないのです。

ウォーミングアップは疲れない程度の有酸素運動を概ね10分程度、じんわりと汗ばんでくる程度行いましょう。また夏場の暑い時期、サウナや入浴後などは何もしなくても体が温まっています。ただしこれは体を外側から温めているので筋肉の深部までは温まっていません。また入浴ではウォーミングアップとは異なる自律神経反応が起きてしまいます。ウォーミングアップで体の内側から温まってくることを意識して行うことが重要です。

関連記事

  1. 怪我Ⅱ

  2. ラウンド前の準備運動 1

  3. ゴルフの後に疲れを残さないために。

  4. 柔らかい動きとはなにか

  5. 夏ゴルフ④

  6. 筋温と筋機能

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン