柔らかい動きとはなにか

一般的に言われる身体が軟らかいことと、動きが柔らかいということは違います。たまたま前屈や後屈ができても、それがただ単に“ゆるい”という意味での軟らかさであれば、技術として使える、動きの軟らかさにはならないのです。

動きの柔らかさとはなにか

動きの柔らかさとは、身体の部位が繋がり、連動してこそ生まれるからです。人の身体の関節とその付近の腱や筋肉をネジのようにイメージしてみます。全てのネジが緩みきっていたら、ぐにゃぐにゃの身体になります。これが単に“ゆるい”という意味での軟らかい状態です。ネジが緩みきっているので、繋がりなくバラバラな力です。繋がりがないのでしなりが生まれません。動くときに緩んだネジの代わりに筋肉をか硬めてしまう為、動きが硬くなるのです。もちろん反対にネジが締まり過ぎてしまえば、ガチガチのロボットのような状態になるので、しなやかには動けません。だから程よくネジを調整することが大切なのです。緩みきったネジは締め、固まったネジは緩める。程よく遊びのあるネジの状態をつくること。これが動きの柔らかさをつくる必須条件なのです。

柔らかさにおける骨盤の重要性

では、具体的な動きについて考えていきます。誰もがやったことのあるストレッチ、座った体勢からの前屈をポーズ(止まった姿勢)ではなく、<動き>として考えてみます。人の骨組みというのは実に良くできていて、人が人として動くのに最適な構造をしているのです。その中で<動く>ということで最重要なパーツの一つが骨盤です。

例えば、車椅子で考えてみます。下半身が不自由な人が車椅子に腰掛けると、その重さを支えながら大きな車輪が前進、後進を行っています。立った歩行する人間の骨盤も、この車輪と同じ働きをしています。骨盤の車輪を後退させると腰が落ち、背中は丸まり後ろ重心となり、前屈がきつくなります。反対に骨盤の車輪を前進させると背骨は上昇します。さらに前進させると、二つ折り携帯のように状態は自然に前に倒れます。あくまで骨盤の車輪の動きに連動して上半身と下半身を丁寧に繋げて動かすので、身体を前に前に倒そうという意識ではなく、骨盤の動きから連動した上半身の動きと捉えることが重要です。

「形」ではなく「動き」、「軟らかい」ではなく「柔らかい」。このように全ての身体の動きは、動作の連なりや繋がりによってなりたっています。そしてそれこそが、動きの柔らかさの最大の鍵です。繋がりがスムーズであることが、動きの柔らかさを生み出してくれるのです。

関連記事

  1. ラウンド前の準備運動 4

  2. ウォーミングアップとしてのストレッチ

  3. ゴルフの後に疲れを残さないために。

  4. ラウンド前の準備運動 5

  5. ラウンド前の準備運動 6

  6. 怪我