体幹のインナーマッスルについて

ゴルフの世界でも最近は体幹の重要性が謳われてきましたね!

体幹とは、身体の胴体部分を指す言葉です。例えば、上肢から下肢までが関連する力強い大きな運動には体幹の安定が不可欠ですが、体幹は骨盤の上に椎体という小さな骨が一本の背骨となって乗った不安定な構造になっています。特に腹腔と呼ばれる骨盤から肋骨の部分は、内臓が位置するため骨による支持が少ない構造になります。

表層の筋と深層の筋

体幹の表層の筋と深層の筋では担う役割が異なります。お腹のへその位置で体幹を輪切りにした際に、外側に位置する主なアウターマッスルは腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腰方形筋・一部の脊柱起立筋で構成されています。腹直筋や脊柱起立筋は重力に抗して直立姿勢を保つ役割を担っています。また、これらの筋は、身体を前後左右に倒す動作や捻る動作など、身体を大きく動かす際の主動筋となります。

それぞれの筋の役割

一方、体幹の深層に位置する主なインナーマッスルは、腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群などで構成されます。これらの筋肉は腹腔をコルセット状に取り囲むことで骨盤を安定させ、また上部に位地する横隔膜とともに腹腔の内圧を高めて脊柱を支持する働きもします。さらに深層にある横突間筋や棘間筋、背骨の靭帯と共に、アウターマッスルによる様々な動きに際して、骨盤や脊柱を安定させ姿勢が崩れないようにバランスを保持する役割を担っています。

関連記事

  1. プロゴルファーの試合前の過ごし方

  2. ラウンド前の準備運動 2

  3. 階層スキルでゴルフのレベルアップを。

  4. 怪我

  5. 筋温と筋機能

  6. トレーニング効果の種類