プレーヤーの行動に関して

ゴルフプレーヤーは、ゴルフゲームの精神を尊重してラウンドしなければいけません。

その精神に違反した選手に対して、委員会は、1打、2打罰、失格などの厳しい対応をすることができます。

救済を受けるときにマーカーに告げる必要はありません。

これはプレーヤーの誠実さを信頼するというゴルフの原則を尊重しています。

暫定球をプレーする場合は、これまで通り、「暫定球をプレーします」と申告しなければなりません。

現在のルールでは肩の高さからドロップでしたが、「膝の高さ」に変更になります。

低い位置から落とすことで、救済エリアの中に止めやすくなり、再ドロップすることがなくなります。

打った球が偶然にプレーヤーまたは自分のキャディーや用具に当たってしまっても大丈夫です。

あるがままにプレーします。

救済を受けるときは、いつでも球を取り替えることができます。

現在の規則では、カート道路からの救済では取り替えることはできませんが、今回のルール変更では、拾い上げて新しいものに取り替えることができます。

ゴルフボールの性質を知っておくと、飛距離アップや方向性がかなりアップします!

関連記事

  1. ドラコン

  2. バンカーにおけるルール改正

  3. ペナルティの数え方

  4. ダブルペリア

  5. スルーザグリーン

  6. ペナルティーエリア(ウォーターハザード)に関する改定