プレーヤーの行動に関して②

救済エリアを計測するときの1クラブレングスや 2 クラブレングスの計測する場合に使用するクラブは、プレーヤーがその日のラウンドのために持っているパター以外で最も長いクラブになります。また計測するゴルフクラブを変えることはできません。

新ルールでは、探しているときに自分のボールを誤って動かしても無罰になります。

不可抗力で、2度打ちをしても1罰打をする必要がなくなりました。

そのストロークを1打と数えるだけとなります。

ロブショットのときに2度打ちがよく起こりますが、もう気にせず思い切りゴルフスイングできます。

ロブショットはグリーン周りでは威力を発揮します。打てるようになると普段のショットも上手くなります!


ロストボールの捜索時間が「5分」から「3分」に短縮されます。

ラウンドのスピードが上がります。

以前なら暫定球を打たなかった場合は、元の場所に戻って打っていましたが、それがなくなります。

仲間うちでよくやっていた「ここら辺から打っていいよ」の身内のルールがR&A、USGAに認められた感じです!

アマチュアゴルファーがラウンドを楽しむためのローカルルールとして採用されます。

プロのトーナメントや競技では実施しません。

OBやロストした場合に、2打罰を受けて、紛失したと思われる辺りからグリーンに近づかない範囲で打つことができます。

ゴルフプレーの進行が速くなりそうです。

関連記事

  1. ペナルティーエリア(ウォーターハザード)に関する改定

  2. その他の規則改正

  3. ダブルペリア

  4. プレーヤーの行動に関して

  5. ペナルティの数え方

  6. スルーザグリーン