ペナルティの数え方

ゴルフでティーショットやセカンドショット、アプローチ、パットが全て曲がらずうまく打てたら、スコアの数え方はとても簡単です。

しかし、池やOBゾーンに入ってしまうと、どう対処していいのか迷いますよね。

先輩や上司などは、「大目に見てやろう」「ハンデだなぁ~」と許してもらえるときもあると思いますが、ゴルフコンペやクラブ競技では見逃してはくれません。

打ったボールがOBに入った場合、最後にプレーした所のできるだけ近くで、1打罰でボールを打たなければいけません。

ティーショットでOBをした場合は、最初に打ったボール、ペナルティの1打罰、最後にプレーしたところのできるだけ近い場所なので、ティーグラウンドからの3打目を打つことになります。

コースによっては、「プレイング4」を設置しているところもありますが、それはその3打目を打ったことを想定して前進で4打目になっています。

この措置は、プレーを早く進行させるためのです。

2回も3回もOBになるといつまでたっても前に進めないからです。

関連記事

  1. プレーヤーの行動に関して

  2. プレーヤーの行動に関して②

  3. バンカーにおけるルール改正

  4. ペナルティーエリア(ウォーターハザード)に関する改定

  5. ロストボール・池・小川の数え方

  6. パッティンググリーンにおいてのルール改正