スルーザグリーン

スルーザグリーンとは、コース上にあるティーグラウンドからグリーンの間までの範囲の名称で、ハザードであるバンカーや、ウォーターハザード等を除いたエリアの総称です。

スルーザグリーンという言葉自体は、ルールのペナルティを示す場合によく利用されます。

特に通常のエリアでは、ボールを理由なく触れるとペナルティになる事が多く、その様な対象の場所をスルーザグリーンと表されます。

スルーザグリーン6インチプレースとは、ローカルルールの1つですが、スルーザグリーンのエリア内においては、ショットでボールの下のライが悪かった場合、6インチ以内の場所にプレースしてプレーする事が許されるという事です。

初心者にはありがたく、本来はスロープレー防止のためのルールですので、技術的に必要のないプレーヤーは出来るだけ本来のルールでプレーを行うようにしましょう。

スルーザグリーン上でのペナルティには、さまざまなものがありますが、その多くはボールの取り扱いに関して誤った行為を取ったために違反行為となってしまう場合がほとんどです。

基本的にはスルーザグリーン上では、ボールは現状保存しなければならず、またプレースやドロップを行う場合にもその規定は厳しく定められています。

まずコースでのプレーを行う前に、簡単なルールは頭に入れた上でプレーを行うことが大事です。

関連記事

  1. スコアの数え方

  2. パッティンググリーンにおいてのルール改正

  3. プレーヤーの行動に関して②

  4. ドラコン

  5. ダブルペリア

  6. バンカーにおけるルール改正

最近の記事

  1. 2019.06.24

    アルコール
  2. 2019.06.17

    ゴルフ病
  3. 2019.06.10

    熱中症対策
  4. 2019.06.03

    ゾーン④
  5. 2019.05.27

    ゾーン③
  6. 2019.05.20

    ゾーン②
  7. 2019.05.13

    ゾーン