MOVEMENT SKILL

適切な動作、機能的動作を土台としたスキル動作を習得する。

技術はカラダの使い方で大きく変化するものである。

トレーナーが考えるパフォーマンスアップとは、そもそも技術的なことだけではありません。我々の考え方には常に「パフォーマンスピラミッド」というものが存在します。技術、つまり細かな動きや要素を繰り出すのは自分自身のカラダであり、その動きの土台となるカラダという要素の上に、パワー、スピード、持久力などの体力的要素が、その上に技術が成り立ち、パフォーマンスが高くなるというように考えます。そのため、スキルというものを単に小手先の技術と捉えず、どのようにカラダを使うのか、各関節や筋からの感覚のフィードバックができているのかなど、動作そのものにはとらわれず、機能的にカラダをコントロールできるかどうかという視点から評価、修正していくのが、我々のスキルトレーニングのコンセプトになります。

適切なカラダのコントロールを

なかなかスイングが固まらないという相談はよく受けます。大切なことはカラダをきちんとコントロールできるかになります。まずは自分の体をきちんと知ること。ボディマッピングできれば、適切なカラダのコントロールができるようになり、結果としてスイングの再現性が高くなります。

適切なタイミングで筋出力を

力の入れるタイミングや出力の出し方はコントロールできるものです。ついつい飛ばそうとフルスイングするもうまく安定しないことありませんか?これらは絶対的な筋量とそれをコントロールする神経系の機能不全が考えられます。まずはどう力を入れるか、そのタイミングが重要です。

理にかなったカラダの使い方を

カラダはもちろんクラブなどツールも含めて、効果的に使うにはやはり物理的な動きの法則があります。いわゆるバイオメカニクスの観点からうまくカラダを使う方法を考え、その動きを習得することで無駄のない効率的なスイングを実現することで理にかなった自分のスイングが可能になります。

我々が考えるゴルファーの理想像。

ゴルフとは自然の戦い。ゴルフとは自分の戦い。そのように言われるゴルフ。当然良いスコアであがりたいし、気持ちよく打ちたいというのが本音にあると思います。プロの方々と接していていつも思うのが、「自分の思い通りのショットを打つこと」の重要性。プロだろうが、アマチュアだろうが結局ここを目指して練習するわけです。この「自分のイメージ通りにショットすること」が可能なら結果としてスコアもよくなるし、きっと楽しいはず。難しいいとはわかっていても、この究極の難題を、いかに近いものにできるかをゴルファーは追い求めるべきですし、そのサポートを我々は持てる力をもって全力でサポートしていきたいと考えています。

イメージ通り打てているか

自分の思った通りに打つことは大変難しいものです。しかしながら、感覚情報のフィードバックと脳での情報統合、運動神経を介したバイオフィードバック機構がうまく働けば、そのイメージに近い形のショットをうつこともできるようになります。感覚的なものと思いがちなこの分野ですが、適切なニューロンネットワークの構築を目指しトレーニングしていきます。

再現性が高くとれているか

感覚フィードバック機構の構築とイメージングで思い通りに近い動きができるようになってきたら、今度はその動作を脳の運動プログラムとして保管できるように運動学習を行います。運動プログラムとは反射的に、動作の際に適切な動きを引き出してくれる、いわば動作の記憶。この運動プログラムを学習しイメージングした動作を思い通りに表現する能力をトレーニングしていきます。