BLOGブログ

BLOG

3

スイングの運動連鎖を引き出す

スイング理論

トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。

運動連鎖は大きくふたつの意味で使われており、ひとつはよく知られているOKCやCKCがある運動連鎖(Kinetic Chain)、もうひとつはある関節の運動が他の隣接する関節へ影響を及ぼすという意味を持つ運動連鎖(Kinematic Chain)とがあります。

今回はKinetic Chainについて考えてみましょう。

開放運動連鎖(Open Kinetic Chain:OKC)と閉鎖運動連鎖(Closed Kinetic Chain:CKC)

こちらの運動連鎖はここから、上に挙げたとおり開放運動連鎖(Open Kinetic Chain:OKC)と閉鎖運動連鎖(Closed Kinetic Chain:CKC)のふたつに分けられます。

OKCとは、四肢の遠位端が自由な状態で行う運動のことで、CKCとは、四肢の遠位端の動きが抵抗によって抑止されている状態で行う運動のことです。

また、手足の末端が床等に接しているか接していないか、単関節運動か複合関節運動かで分けることもあります。

OKCはたとえば、レッグエクステンションやアームカール、CKCはスクワットやプッシュアップ等があります。

運動プログラムを組む場合、例外こそあれどOKCからはじめ徐々にCKCにもっていくと良いとされています。

理由としてはOKCは一度に動く関節が少ないため動きをコントロールしやすいというものがあります。

日常生活動作や競技パフォーマンスの向上のためには、OKCばかりではなく、身体の各関節が複合して行われるという意味でもCKCをねらった運動を行っていく必要があります。

ご自分でプログラムを組む場合、これらのことをしっかり理解したうえで取り組むと、より効果的に運動が行なえます。それぞれの長所・短所をよく理解して用いたいものです。

競技における運動連鎖の応用

運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を生み出せることが必要です。

土台となる下半身や胴体の力の発揮が不十分だと、最終的に生み出されるスピードにも限界が生じ十分なものが望めません。

中心部が大きな力を生み出したあと、次の段階で末端部が加速するときにその反作用を支えるための中心部がしっかりと減速して止まることが必要です。

そのためには、最初に動いた中心部の関節の動きをタイミングよく固定しなければなりません。

ゴルフのスイングや野球のバッティングで壁をつくることが大切だといわれますが、それは下半身の移動で生み出された力を胴体のひねりや上半身の運動にうまく伝えるためには下半身をしっかりと固定することが重要であるということをいっているのです。

反動動作や慣性モーメントから見た運動の仕組みも運動連鎖と合わせて考えると非常に合理的になります。

ボールのキックやテニスのサーブでいったん脚や腕を後方に引き、インパクトの直前までひざやひじを曲げて脚や腕全体の回転半径を短くすることで回転スピードを高め、回転スピードが十分高まったところでひざやひじを伸ばしてインパクトしています。

このように、さまざまな原則が組み合わさり合理的な動作を行っています。

これらを理解して、非合理的な動作を見つけて改善していきましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP