BLOGブログ

BLOG

4

「緑」はなぜリラックスするのか

メンタル

ゴルフ場は基本森の中になりますが、ゴルフをしていると自然と緑に触れる機会が増えるもの。

山や森林は色も音も良く、そしてなにより心が落ち着きます。

このように、緑といえば心が落ち着くというイメージがありますが、このリラックス効果は、どうやら思い込みでもなさそうです。

先程あげた色や音と「緑の香り」が働いています。

香りがもつ力は侮れないもので、その種類によっては、時に興奮作用を、時に記憶を呼び覚ましたりとさまざまです。

山や森林にもこのような香り成分があるのです。

「緑」の恩恵

森林の木々や植物は、揮発性のあるフィトンチッドという香り成分を発します。

このフィトンチッドは殺菌作用があり、葉が傷ついた際に放出されますが、人間に対して殺菌作用とリラックス効果をもたらします。

揮発性物質であるため、山や森林にはこれが充満しており、リラックスに最適といえるでしょう。

この「緑」の恩恵は山や森林以外からも受けられます。

たとえば、緑茶も青葉アルコールという香り成分を持っています。

緑茶を飲むと何故か落ち着く感じがするのもそのためです。

そう考えると、茶室はものすごいリラックススポットだといえます。

畳に使われるい草の主要な成分の内のフィトンチッド・α-シペロン・バニリンは優れたリラックス効果、鎮静作用を持っています。

また、抹茶に含まれるテアニンも高いリラックス効果を生み出します。

これが、覚醒作用のある部屋で覚醒作用をもたらす飲み物だったら、違った茶道ができていたかもしれません。

侘びさびの文化が築き上げられたのもこの「緑」の力があったからかもしれませんね。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP