BLOGブログ

BLOG

7

ホールインワン

ルール

ゴルフを行っている方ならばホールインワンのすごさがわかると思います。

ホールインワンとはゴルフのショートホールまたは、PAR3と呼ばれるホールで、1打でカップインさせると言うものすごいことなのです。

 

そして、3打でPARのホールですから、そのホールを1打で入れればそのホールでは-2打になりますから、イーグルと言うことになります。

3打で入れることができれば正直アマチュアゴルファーではすごいことなのですが、それを1打で入れると言う神がかったことなのです。

そのホールインワンが出る確率と言うのが1/1万2000と言われます。

ゴルフを1ラウンド(18ホール)すると18ホール中平均で4ホールのショートホールがあります。

ショートホール以外でも1打でカップに入れればホールインワンなのですが、現実的に考えて他のホールでは距離が遠すぎるために、ショートホール以外にホールインワンを成し遂げるのは無理があります。

ですから、この際のラウンド数を計算してみますと、12000÷4=3000

3000ラウンド行わなければいけない計算になります。

この数字はとてつもないですし、とても成し遂げることが難しいことがわかります。

このホールインワンの確率はアマチュアになりますと、もう少し上がります。

アマチュアのホールインワンの確率は、1/12750と言われます。

逆にプロゴルファーのホールインワンの確率は、アマチュアより大幅に下がり、1/3750になります。
 
アマチュアゴルファーにとってホールインワンと言うことはどれだけすごいことかがわかりますね。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP